TEACCHプログラム研究会佐賀支部では、保護者、教育・福祉・医療等さまざまな立場の者が、
自閉症スペクトラムの方とのよりよい共生、協働をめざし、意欲的に研修を行っています。



1989年、
第1回朝日新聞厚生文化事業団による
日本初のTEACCH5デイトレーニング(講師:エリック・ショプラー、ゲーリー・メジボブ、キャシー・ハーセイ、カイア・メイツ:ノースカロライナ大学TEACCH部)の大阪会場を受講したメンバーによって、
TEACCHプログラム研究会が発足し、そのフォローアップ研修会が津山で実施されました。
TEACCHプログラム研究会佐賀支部のイメージ画像
続く1990年夏、フォローアップ研修会が佐賀で行われました。

その時、佐賀で初めて3デイのトレーニングセミナーが開催され、
佐賀支部の母体の発足につながりました。 それから定期的に、高い志と情熱のもとに集まった様々な立場のメンバーによって、勉強会が開催されていくこととなります。

基本となったのは、現佐賀県自閉症協会の「お母さんの勉強室」でした。

学校の先生たちも参加し、TEACCHプログラムについて学ぶ取り組みが、
毎月行われていきました。

その後、TEACCHプログラム研究会が全国組織となった際に、他の支部同様「佐賀支部」となりました。

みなさまも、ぜひご一緒に、学び合い・高め合い・語り合うため、佐賀支部定例学習会にお出かけください。

コンテンツメニュー

TEACCHプログラム研究会とは
TEACCHプログラム研究会佐賀支部について
TEACCHプログラム研究会年間活動計画について
TEACCHプログラム研究会定例学習会について
TEACCHプログラム研究会公開講演会について
TEACCHプログラム研究会トレーニングセミナーについて


TEACCHプログラム研究会佐賀支部

TEACCHプログラム研究会佐賀支部

TEACCHプログラム研究会佐賀支部